海外の観光地へ行く

なつめの栽培が盛んなエリアを訪れたりして、中国河北省を旅してみましょう。

河北省への旅はいかが

    中国に旅行に出かけることを計画している人の中には、河北省に行ってみたいと思っている人もいらっしゃるかもしれません。
    中国の北部で自然の景色を楽しみたい時には河北省がおすすめとなっています。
    河北省の中に、北京市というのがあるわけですが、河北省の田舎の景色を観光してみるのはいかがでしょうか。
    田舎といっても、駅からそれほど離れていないところで農作業をしているような姿を目にすることができるでしょう。
    おすすめの場所は倉州という場所です。
    どちらかというと天津に近い場所となっているようです。
    倉州という場所は、なつめの実がたくさん収穫される場所として知られています。
    秋の季節にこの倉州を訪れるならば、なつめの収穫をしている農民の姿を目にすることができるでしょう。
    倉州の人々は、朝ごはんやお昼ごはんなど、ご飯の時にはマントウという小麦粉からできた中国のパンともいえる食べ物を好んで食べるということです。
    このように、穏やかな農村の風景を見ながら中国の田舎の観光を楽しむというのもまた良いアイデアなのではないでしょうか。
    人の多い場所というとやはり都会になるわけですが、田舎の景色、そして羊やさまざまな農作物の様子などを目にすることができます。

Copyright (C)2017海外の観光地へ行く.All rights reserved.