海外の観光地へ行く

さまざまなお茶がありますが、中国茶の産地を巡る旅もまた楽しいといえます。

中国茶を楽しむ

    優雅に中国茶を楽しむ旅をしたいと考えていらっしゃるようでしたら、中国のお茶の産地を訪れる観光を計画してみてはいかがでしょうか。
    中国茶の産地はたくさんありますが、主に中国国土の南部に多いという傾向があるようです。
    四川省や雲南省といったところでは、ジャスミン茶やプーアール茶が有名です。
    また、沿岸部の福建省では紅茶の産地や鉄観音茶の産地があったりするようです。
    中国福建省は台湾にも近いので、ここで話される方言というのは、台湾の人々が話す方言とも似ているようです。
    福建省の山に登ってお茶の産地を散策してみると良いでしょう。
    また、内陸部にも足を伸ばしてみて、雲南省のプーアール茶の産地を訪れてみてはいかがでしょうか。
    雲南省の南部にはプーアール市という町があります。
    この町の周辺はまさにプーアール茶の産地として知られているわけです。
    プーアール茶はダイエットのお茶としても知られいているということです。
    紅茶とはまた違っていて、黒茶として知られています。
    雲南省のプーアール市までのアクセスとしては、まず雲南省の経済的な中心地である昆明に行ってそれから大型のバスターミナルまで行き、長距離バスに乗っていくのが一般的な方法となっているようです。

Copyright (C)2017海外の観光地へ行く.All rights reserved.