海外の観光地へ行く

外国のホテルでは、日本人には予期できないことが起こります。事前に対策をしましょう。

海外のホテルで注意すること

    外国の観光地へ行くと、不慣れなことばかりなので不安に思う人は少なくありません。
    しかし、事前に調査しておけば、予めトラブルを予測できます。
    例えば、海外のホテルでは、日本人の予期せぬことが起こることがあります。
    アメリカなどのホテルで注意しなければならないのは強盗です。
    ホテルなのですから、よく管理されているように思い込んでしまう人は少なくないでしょう。
    しかし、観光客を狙った強盗が入ってきたという事件が時々聞かれます。
    特に日本人はお金を持っていると思われたり、安全意識が低いと思われたりしているので狙われやすいと言えるでしょう。
    注意してください。
    また、海外のホテルにおいては警備員などが銃を持って見回りをしています。
    何かの間違いで侵入者だと思われたら最悪撃たれてしまう可能性もあります。
    できれば最低限の外国語を覚えて自分の身を守れるようにしておきましょう。
    観光などでホテルを留守にする際には、貴重品を必ず金庫に入れるよう心がけてください。
    海外においては自分の身を自分で守ることが常識とされています。
    部屋に財布を置いておくなら、取られても返ってくることはまず期待できないでしょう。
    ホテルの予約事態もホテルのレベルによっては何度も確認の電話を入れたほうが良い場合があります。

Copyright (C)2017海外の観光地へ行く.All rights reserved.