海外の観光地へ行く

西安では、美術品を展示しているようなお店も少なくないということで、美術品の愛好家必見の街です。

美術品の鑑賞

    もしも中国の北西部の観光を楽しみたいと思ったときには、西安を訪れてみることができるでしょう。
    西安は皇帝が暮らした場所として知られています。
    西安は数年前に万博の会場となった都市でもあります。
    それで、西安市の東部に行くならば、万博会場跡の公園にたどり着くというわけです。
    万博会場には、週末になると多くの市民が訪れるということです。
    西安の街中とは違って、万博公園はゆったり広く、緑の景色や大きな湖などがあり、ゆったりとした気持ちになることでしょう。
    万博会場の公園までのアクセスとしては、西安の市バスで行くこともできます。
    いくつかの路線があるので、バスの路線については幾通りかの方法を考えておくと良いでしょう。
    西安の街の中心部には、回民街といって、回族という少数民族が商売をしているお店の多いストリートがあるということです。
    この回民街を散策すれば、干し柿であったり、羊肉を使った料理などを楽しむことができるようです。
    西安は古都ということもあって、美術品の愛好家も多いようです。
    それで、美術品を展示しているようなお店も街の中心部に特に多いということです。
    茶器など、中国美術に興味があるという人は、必見だといえます。

Copyright (C)2017海外の観光地へ行く.All rights reserved.