海外の観光地へ行く

海外旅行で中国を訪れる時に少しマイナーな場所を選んでみることもできるでしょう。

マイナーな場所へ行こう

    広い中国ですが、有名な観光地に行ってみるよりも、マイナーな場所に旅行に行ってみたいと考える人もいらっしゃることでしょう。
    中国本土の中で、それほど有名ではなくても、チャレンジしてみたい場所として山西省の観光をご紹介したいと思います。
    山西省は黄河の北部に位置する省となっています。
    この場所に観光に訪れる人というのは、城壁などの景色が好きな人だといえるでしょう。
    平遥という場所は、昔の城壁、つまり古城が残されていて、世界遺産としても認められているわけです。
    万里の長城のようにあまりにも有名なところを訪れるよりも、こういった知るひとぞ知るような世界遺産の景色を楽しんでみることもできるでしょう。
    山西省の中心地は太原という街になっています。
    太原の特産物としては、陳酢というのが中国全土でも有名だということです。
    陳酢というのは、黒酢のことです。
    現地では老陳酢とも呼ばれているようです。
    麺料理などに黒酢をかけて食べるのが現地の食習慣となっているようです。
    黒酢はデトックス作用もあるということで、健康にも良いといえます。
    山西省の観光で平遥の城壁を巡り、その後は太原で麺料理を食べながら、黒酢をかけて食べてみることをおすすめします。

Copyright (C)2017海外の観光地へ行く.All rights reserved.